株取り引きの時間帯

2009年6月20日 04:36 | コメント(0) | トラックバック(0)

株取り引きをしたいと思っている人は株取り引きができる時間帯に行わなければいけません。直接株取り引きが可能なのは平日の朝の9時から11時までと12時半から15時までと決まっています。この株の取引ができる時間帯に、東京証券取引所といった株式市場は開いていますからその時間帯は株価が変動することになります。平日でそのほかの時間帯や土日、祝日年末年始は株の取引ができないので、株取引ができるのは本当に限られた朝の2時間と昼からの2時間半の時間帯だけということになりますね。
実際に株の取引をすることができるのは今紹介した時間帯だけなのですが、株を売買する注文というのはインターネットを使ったら24時間365日毎日好きな時間に出せますから実際の取引は限られていますがいつでも買い注文や売り注文は可能です。
たとえば夜の19時に株の買い注文を出した場合には19時は株取引はできない時間帯なのでその株の買い注文は火曜日の9時に行われることになっています。誰かが出した株の売り注文とぶつかったら買い注文が成立するということになりますから24時間注文の株取引はできるのです。

 

 貧乏人のためのFX  資金のない人のためのFX投資術
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurl(バザール)に登録

関連記事

株の参加者
株の取引をしている人は大きく分けてみると個人の株投資家と機関の株投資家、そして外国人の株の投資家の3種類に分けることができます。
株取り引きの時間帯
株取り引きをしたいと思っている人は株取り引きができる時間帯に行わなければいけません。直接株取り引きが可能なのは平日の朝の9時から11時までと12時半から15時までと決まっています。
株と税金
株で儲けたお金には税金がかかるということをご存知でしたでしょうか。株にかけられた税金を支払うことは義務ですから仕方ないのですが、株の譲渡という株の売買益の時には、税金が10%かかることになっています。
株の心構え
株の心構えとしてはまず、なぜ株をしたいのか、株をする目的を明確にするということは大切なことです。
株価を動かす要素
株価というのは何によって動いているのかご存知でしょうか?株の価格が動く要素は材料とも言われているのですが、大きく分けると市場全体を動かしてしまうことと、それぞれの株の銘柄だけを動かす要素があります。
株と自己責任
株式投資をするうえで資金の余裕と心の余裕と時間の余裕が大切であることは前回お話ししたと思いますが、株の取引をするうえで自己責任についても実はとても大切なのです。
株に必要な余裕
株の余裕というのは一つではありません。株を行うにあたって必要な余裕というのはまずは当たり前ではありますが、株の資金の余裕がなければできません。
株の魅力
株の魅力は何が魅力なのでしょうか。株式投資でいちばん期待されていることというのは株の値上がり益だといわれていますが、株式投資はこのほかにもまだまだ魅力がたくさんあります。
株のチャートの種類
株のチャートというのは、罫線といわれているのですが、株の価格の動きがわかりやすく表示されているグラフのことを株のチャートと呼んでいます。
株の板とは
株の売買取引の注文状況を見るために大切なのがこの株の板と呼ばれるものです。株式の売買をするときに、今の株価をあらわすチャートを分析するというのもとても大切なことなのですが、板の情報を見るというのもとても大切なことになります。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://yosinc.com/mt2/mt-tb.cgi/902

コメントする

このサイトを購読する

RSS登録

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Googleに登録
  • はてなRSSに登録
  • lvedoorリーダーに登録
  • エキサイトリーダーに登録

文字サイズ変更

2009年6月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
  1. TOP
  2. 株取り引きの時間帯