株取引をしている実際の参加者ってどんな人がいるのでしょうか。株の取引をしている人は大きく分けてみると個人の株投資家と機関の株投資家、そして外国人の株の投資家の3種類に分けることができます。この3者の動きによって株の動きはとても変わってきて影響が出るといわれていますからそれぞれの株投資家の特徴を確認しておくといいかもしれませんね。
株の個人投資家は、一般的な普通の株投資家のことで、売買の単位が小さいのでそれほど株価に影響が出るということもありません。そして機関の株の投資家は日本の中にある株のプロの投資機関とうことになって一般的に銀行や金融機関の投資部や投資信託会社を表しています。売買の単位は大きいので株価にとても影響が出るといわれています。
そして外国人の株投資家についてですが、こちらは国外の資金で日本の株を買って株取り引きをしています。外国人株投資家は、外国の機関投資家もいると思いますから株の売買単位がとても大きくと、株価にはとても大きな影響が出るといわれています。このように個人投資家はそれほど株価に影響が出るということはないのですがそれ以外の投資家たちによって株価はとても影響が出るといわれています。

このサイトを購読する

RSS登録

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Googleに登録
  • はてなRSSに登録
  • lvedoorリーダーに登録
  • エキサイトリーダーに登録

文字サイズ変更

2009年6月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
  1. TOP